TOKYO OJ 2020

 政府方面では東京オリンピックを強行しそうで、困ったことである。

 おれはあまりお祭りごとが好きではない。町のお祭りには参加しないし、わざわざ見に行くこともしない。誕生日を祝わないし、クリスマスも祝わない(クリスチャンでないのだから当然である)。一年のうちで祝うといえば、お正月だけである。

 そんな具合だから、オリンピックのお祭り騒ぎも興味がない。やかましいなー、といつも思うし、東京オリンピックについてははっきり言って迷惑である。

 スポーツに興味がないわけではなく、サッカーのワールドカップラグビーのワールドカップは好きである。しかし、オリンピックのサッカーははっきり言って中途半端だし、世界最高峰の大会としてはヨーロッパのチャンピオンズリーグとワールドカップがあればそれでよいと思っている。オリンピックのサッカーやテニス、バスケットボールはIOCがお金になるスポーツを自分たちの領分に引っ張り込んだというだけであって、選手にとっても、オリンピックの金メダルとたとえばサッカー・ワールドカップ優勝のどちらがうれしいかと言われれば、ほぼ100%ワールドカップ優勝だろう。

 オリンピックを楽しみにする人の多くは、もちろん、スポーツ好きもいるだろうけど、あの高揚感を味わいたいのだろう。しかし、このコロナ騒ぎのなか、オリンピックを開いたところで、高揚感より不安感のほうが大きくなりそうだ。高揚感がないなら、感染増加の危険をおかしてまでなぜオリンピックをやる必要があるのか、と思う。

 政府方面や企業方面についてはよく知らないが、想像するに、ことここに至ってはお金や体面やなんだで、今さら後にひけない、といったところではないか。

 そういう意味では、TOKYO 2020なんて言い方はやめて、TOKYO OJ 2020またはTOKYO SRK 2020とでも呼んではどうかと思う。東京おとなの事情オリンピック、東京シラケオリンピックである。

 もし東京オリンピックをやることにメリットがあるとしたら、その後数十年間はオリンピックなんぞ地元でやらずに済むことだとおれは思っている。いらない。

ジェンナー、現代にあらば

 先週書いたように、イギリスのエドワード・ジェンナーは天然痘予防接種法を発明した偉人である。しかしまあ、その方法は8歳の少年(他人)に牛痘を接種し、その数ヶ月後に天然痘を接種してみる、というなかなか冒険的なというか乱暴なやり方であった。誰もそんなことやってみたことがないのだから、まあ、仕方がないといえば仕方がないが。

 ジェンナーがこの人体実験をやったのは18世紀末で、もちろん、今とは物事の考え方も医学のあり方も価値観も違う。しかし、もしジェンナーが現代の日本に生きていてマスコミの餌食になったらどういうふうだろうか。仮にジェンナーが現代の富山県の医者だったとしてみよう(富山県という設定にするのは別に深い意味がなく、おれの生まれ育った土地で、ジェンナーも当時、イギリスの田舎医師だったからである)。

 

富山の怪医師! 8歳の少年に天然痘を注射!!

 

 富山県のある町で、今、奇怪な噂が広まっている。噂の主はエドワード・ジェンナーという開業医師。学士院のメンバーであるいわば地方の名士である。

 噂によれば、ジェンナー医師は、牛痘にかかった農婦の手にできた水疱から液体を抜き、それを8歳の少年に注射し、さらにはその数ヶ月後に、同じ少年に、天然痘にかかった人の膿を注射したという。

 少年の身元は不明だが、孤児とも、貧しい家庭で、親が注射する代わりにお金を得たとも、さまざまな話が伝わる。

 事情を知る近所の主婦達はこう語る。

「ジェンナーさんの診療所から、小さな子の泣き叫ぶ声が聞こえました。その声を聞くだけで、もう、怖くて、怖くて」

「そのお子さん、注射の後、ひどい頭痛で、食欲がなくなり、まる一日、苦しんだと聞いてます」

 事実なら、恐ろしい天然痘を子供に注射するという悪魔にも等しい行為。明らかな児童虐待、殺人未遂であり、地元の警察も関心を持っているという。

 

 やがてこんな事実も判明する。

 

実の息子にも天然痘を接種!  富山のマッド・ドクター、恐怖の人体実験

 

 先日、報道した富山の怪医師は、以前にも同様の事件を起こしていることが判明した。ジェンナー医師は、7年前にも、あろうことか実の息子に天然痘の膿を注射。本人は「医学の進歩のためである」とうそぶいているというが、子供を使った恐怖の人体実験に、富山の小さな町には戦慄と恐怖が走っている。

 

 もっともジェンナーの当時、軽い症状の天然痘を接種すれば、軽い天然痘を患うだけである、ということは(疑いの目で見られながらも)知られていたという。

 そして、マスコミが富山のジェンナーを追ううちに、こんな事実も判明する。

 

富山の怪医師に悲しい過去 孤児、虐待、人体実験

 

 連日報道の続く富山の怪医師エドワード・ジェンナー氏であるが、本誌は彼の過去を追ううちに、少年時代の恐怖の体験を知ることになった。

 ジェンナー氏は幼くして孤児になった。医師に買われて、6週間にわたって何度か絶食や放血を受けさせられた。その後、家畜小屋に引き立てられ、馬のようにつながれて天然痘の膿を接種さえられたという。

 この恐ろしい仕打ちが、やがて、息子や赤の他人の子供に天然痘を接種するという人体実験への奇怪な情熱をジェンナー氏に掻き立てたとすれば、恐るべきトラウマというべきか、因果応報というべきか。

 

 わしらが今、ワクチンを打って「やったー! もう大丈夫!」などと喜んでいられる蔭には、このような悲しい事実があったのである。

ジェンナー 成功したからいいようなものの

 ワクチンというのは、おれの理解では病原の細菌なりウィルスなりに非常に似た、しかし毒性は弱いものを体に打ち込む。それでもって、病原に対する抗体を体内につくり、本物の細菌なりウィルスなりが入ってきたとき抗体に攻撃させる、とまあそんなものであるらしい(理解が間違ってたら申し訳ない)。

 えらいことを考えたものだなー、と思うのだが、このやり方を始めたのはジェンナーという人である。

 エドワード・ジェンナーは18世紀後半から19世紀初めの人で、田舎の医者であった。牛痘という病気にかかった人は天然痘にかからないという言い伝えをもとに、牛痘をジェームス・フィップスという少年に接種してみた。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cf/Jenner_phipps_01.jpg

 でもって、しばらく経ってから今度は天然痘をフィップス少年に接種して、天然痘を発症しなかったので、よかったよかった、とまあ、そういう話である。このフィップスという少年がジェンナーの息子である、とされて美談扱いされていることもあるが、赤の他人だそうである。

 しかしまあ、実際、牛痘がワクチンの役割を果たしてフィップス少年が天然痘にかからなかったからよいようなものの、もし間違っていたらどうなっていたのだろうか。ジェンナーは天然痘を人の子供に接種して天然痘にかからせたマッド・ドクター扱いされたのではないか。ジェンナーにどれだけ確信があったかは知らないが、ハタから見ればイチかバチかの賭け、人体実験であって、今日の価値基準でいえばなかなかの児童虐待である。そう思って上の絵を見てみると、また違った味わいが出てくる。

 なお、ジェンナーの実の息子のほうは、フィップス少年で実験する7年前に天然痘(だけ)を接種されたんだそうで、これもなかなかマッド、というか、フィップス少年以上にヤバい話である。無事だったんだろうか。

 医学の進歩には犠牲は付き物なのです、などと言えるのは引いたところから他人事として見ているからである。まあ、ジェンナーさんのマッドさが結果的にうまく転がって天然痘は撲滅され、ワクチンの研究も進み、我々がその恩恵を受けているわけではあるが、何かこう、おれには、それでいいんだろうか、というモヤモヤもちょっと残るわけです。

外来種と感じ方の転写

 

  日本語タイトルの通りの内容で、最近読んだ本のなかでも出色であった。

 生態系と在来種、外来種の関係を数多くの取材や論文から考えるもので、目からウロコの話も多かった。

 外来種によって生態系が破壊される、だから外来種は駆除しなければならない、という主張をよく見かけるし、役所方面や国際ナンタラカンタラという公的な機関もそういう方向で動いている。

 しかし、実際には生態系が先にメタメタになって、そこに外来種が広がるとか、外来種が入ってきたことによってかえって生態系が多様になって弾力性(レジリエンスだっけ?)が高めることも多いという。

 また、外来種か在来種かという分け方自体も結構恣意的であって、たとえば、稲は外来種だろうか、それとも日本に来て何千年と経っているから在来種だろうか。外来種としたら、これほど日本の自然の姿を変えた植物もいないわけで、そのおかげで滅びた動植物もいれば、かえって反映した動植物もいるだろう。

 著者の大きな考え方は、自然というのはいきあたりばったりで、そのとき、そのときの状況によっていろいろ変化する。在来種だろうが外来種だろうが、自然にとっては関係ない、形を変えながら自然(あるいは生態系)は思われている以上に貪欲に続く、というものだ。おれもそんなふうに思う。

 外来種に対するキビしい目線というのは、実は人間社会における外国からの人の流入が自然の捉え方に転写されたものではないかと、おれはニラんでいる。これまで比較的似た習慣、反応のなかでいられた社会に見た目も嗜好も習慣も違う人々が入ってくる。しかし、あからさまに排外主義を唱えるのも勇気がいり、なんとなく今はそういう主張はよろしくないという雰囲気もある。それが、外来種によって既存の生態系が破壊されつつあるとか、在来種との交雑が進む(人間に置き換えるとどういうことか考えるのも一興だ)という話になると、なにせ自然界の話であるからして、おおっぴらに排外的なことを言える、わめける、主張できる、とまあ、そういう面もあるように思う。本人ははっきり意識していないかもれないが。

 在来種か外来種かなんて、自然が決めるのではなく、人間が決めているものではある。

日本共産党の綱領を読む

 全然知らなかったのだが、日本共産党が昨年(2020年)の1月に綱領を16年ぶりに改定したんだそうだ。

 おれはもう10年以上前だと思うが、日本共産党の綱領(前のやつ)を読んで、その大時代的な内容に驚愕した覚えがある。今回はどうだろう。早速、日本共産党のサイトに見に行ってみた。

 面白いと思ったところをテキトーに抜書きする。

日本独占資本主義は、戦後の情勢のもとで、対米従属的な国家独占資本主義として発展し、国民総生産では、早い時期にすべてのヨーロッパ諸国を抜き、アメリカに次ぐ地位に到達するまでになった。その中心をなす少数の大企業は、大きな富をその手に集中して、巨大化と多国籍企業化の道を進むとともに、日本政府をその強い影響のもとに置き、国家機構の全体を自分たちの階級的利益の実現のために最大限に活用してきた。国内的には、大企業・財界が、アメリカの対日支配と結びついて、日本と国民を支配する中心勢力の地位を占めている。

 出ました。 国家独占資本主義。共産党の名文句である。できれば、志位さんに歌舞伎の格好をして、「アッ、国家独占資本シュギーッ!」と決めてもらいたい(大向こうから「独占屋ッ!」「カイキュートーソーッ!」などと声がかかるともっと楽しい)。

 おれはユネスコ無形文化遺産に登録すべきなのは、お神楽や文楽なんかではなくて、日本共産党じゃないかと思う。

 それにしても、おれには少数の大企業が日本政府をその強い影響のもとに置いているようには特に思えいないし、「階級的利益の実現」の階級って、今の時代、何を指しているのだろうか。労働者さんと、社長さん、株主さん、投資家さん(生命保険をかけている人は生命保険会社を通じて投資家さんである)だろうか。課長さんはどの階級なのだろうか。

 「大企業・財界が、アメリカの対日支配と結びついて、日本と国民を支配する中心勢力の地位を占めている」。おれは初めて知った。不徳の致すところである。

 毎度思うのだが、マルクス主義というのは一度ハマるとよほど磁力が強いのだろう。あらかじめ存在する論、あるいは論理のフレームワークに現実を無理やり当てはめたくなるらしい。それはマルクス主義の悪癖だとおれは思っている。上でいうと、「独占資本主義」「階級的利益」なんていうところ。まあ、部分的には「確かにそうだ」というところがあったとしても、一面的だからいろんな要素を取りこぼしてしまうし、その結果、施策がかえってまずい結果に陥ったりする。特に人間の心の動きというものをまったく顧みないのがよくないところだ。

 ソ連の話。

レーニン死後、スターリンをはじめとする歴代指導部は、社会主義の原則を投げ捨てて、対外的には、他民族への侵略と抑圧という覇権主義の道、国内的には、国民から自由と民主主義を奪い、勤労人民を抑圧する官僚主義専制主義の道を進んだ。「社会主義」の看板を掲げておこなわれただけに、これらの誤りが世界の平和と社会進歩の運動に与えた否定的影響は、とりわけ重大であった。 

  ソ連と一緒にされていろいろ迷惑を被ってきたという気持ちが強いのだろう、日本共産党は。被害者意識が滲み出ている。

民主主義的な変革は、労働者、勤労市民、農漁民、中小企業家、知識人、女性、青年、学生など、独立、民主主義、平和、生活向上を求めるすべての人びとを結集した統一戦線によって、実現される。統一戦線は、反動的党派とたたかいながら、民主的党派、各分野の諸団体、民主的な人びととの共同と団結をかためることによってつくりあげられ、成長・発展する。当面のさしせまった任務にもとづく共同と団結は、世界観や歴史観、宗教的信条の違いをこえて、推進されなければならない。

 日本共産党は好きだよなあ、統一戦線。 統一して戦うイメージが好きなのだろう。「当面のさしせまった任務にもとづく共同と団結は、世界観や歴史観、宗教的信条の違いをこえて、推進されなければならない。」って、その任務は誰が定めるのだろう。「世界観や歴史観、宗教的信条の違いをこえた共同と団結」なんて裏を返せば全体主義、統制主義じゃん。

 そして、やっぱり最後に出ました。生産手段の社会化。

 生産手段の社会化は、人間による人間の搾取を廃止し、すべての人間の生活を向上させ、社会から貧困をなくすとともに、労働時間の抜本的な短縮を可能にし、社会のすべての構成員の人間的発達を保障する土台をつくりだす。

 生産手段の社会化は、生産と経済の推進力を資本の利潤追求から社会および社会の構成員の物質的精神的な生活の発展に移し、経済の計画的な運営によって、くりかえしの不況を取り除き、環境破壊や社会的格差の拡大などへの有効な規制を可能にする。

 生産手段の社会化は、経済を利潤第一主義の狭い枠組みから解放することによって、人間社会を支える物質的生産力の新たな飛躍的な発展の条件をつくりだす。

 ・・・わけないじゃん。この人たちはそれこそソ連邦や1980年代以前の東ヨーロッパをどうみてきたのだろうか。生産手段の社会化なんて、凄まじい官僚主義、中央集権になって、リーダー層(という階級?)のもと、多くの人がそれこそ奴隷労働になるのが目に見えてるじゃん。やる気なしの陰気なダラダラ仕事。ヤダネ。ゴメンコームルヨ!

 いやー、ひさしぶりに綱領読んで、お腹いっぱいです。もう結構です。

共産党からのおたより

 ゴトン、と音がして目が覚めた。時計を見ると、朝の5時前である。

 うっせーなー、と思いながら、再び眠りに落ちた。

 起きてから見てみると、ドアの郵便受け口のところに共産党のパンフレットが落ちている。

 おれは共産党のチラシやパンフレットの類を見るのが割と好きで、そのココロは独善的な正義感や観念的なリクツが面白いからだ。

 今回のパンフレットを見ると、共産党顔としかいいようのないオバハン、じゃないか、えー、年配のご婦人が福島瑞穂くらいしか着る勇気のないような派手な色のスーツで映っている。都議会議員だそうだ。病院予算、健康保険料、医療費、給食、図書館、ペットなどなどにお金を使え、と書いている。それはまあ、そうできたら結構だが、どこからお金持ってくるのだろうか。例の大企業にお金吐き出させる、という寸法か。共産党も結局、大企業に頼らないとやってけないんだよなー、などと内心皮肉な考えを抱いて、いや、人間ができていないくて実にどうも申し訳ない。

 パンフレットの片隅に「日本共産党はどんな政党なの?」という欄があって、「権力に忖度なし」「中国政府を厳しく批判」などと書いてある。一緒にされたくない、というところか。最後に「資本主義の次の未来社会をめざす党」とあって、「いま、マルクス資本論に注目が。」などと書いてある。まあ、人新世がどうのこうのという本が出たりして、そのことだろうか。あの手の本は経済がやばくなるたびに周期的に出てくる印象がある。以前に共産党の綱領を読んでみたら、「生産手段の社会化」などと書いてあって、驚愕した覚えがある。資本論に則って成功した社会を、おれはひとつも知らない。

 それにしても、朝5時前にこういうパンフレットを各戸に落としているのはどういう人なんだろうか。今でも細胞と呼ばれるような立ち位置の人がいて、朝早く起きてガンバってるのだろうか。

 どうでもいいが、こっちはただただ少しでも眠りたいだけなのだ。

名前の由来

 前回、前々回に続いて、子供につける名前の話。

 欧米のファーストネームは聖書に由来する名前が多い。たとえば、マイケルは大天使ミカエルの名前だし、ガブリエルもやはり大天使の名前だ。十二使徒由来なら、ピーターがペテロ、ジョンがヨハネ、ジェイコブがヤコブ、フィリップがフィリポ、トーマスがトマス、サイモンがシモン。ポールはパウロから来ている。今書いたのはもっぱら英語圏の名前だが、ヨーロッパの他の言語でもミシェル、ペーテル、ヨハン、フェリペなどと音は変形しつつも、聖書というか、キリスト教の伝承由来の名前が現代でも残っている。2000年も前のイスラエル地方の名前が今もつけられているというのはなかなか驚くべきことである。

 日本の場合、あまり宗教由来の名前はないようだ。もし仏弟子の名前をつけるなら、稲本舎利弗サーリプッタ)、稲本目連(モッガラーナ)、稲本阿難(アーナンダ)などといった名前になるだろうが、そうはなっていない。キリスト教と仏教での伝承、人物の伝わり方がだいぶ違うせいもあるかもしれない。

 我が国では、ご案内の通り、ナンバリングで名前をつけることも多かった。一番目に生まれたから一郎(あるいは太郎)、二番目だから二郎、三番目だから三郎、四番目だが三番目の子供が亡くなったから三四郎、なんていうふうにである。源平の頃(たとえば、源太郎義家)の頃から生まれた順に名前をつける仕組みがあって、まあ、味気ないといえば味気ない。もっとも、これは男の子の話であって、女の子の場合、一子(かずこ)なんていう名前はあるけれども、二番目、三番目をナンバーでつけるケースはあんまりないようだ。男が後継ということが長く続いたからか。

 子供の名前に親の願いを込める、なんていう風習はいつ頃から始まったのだろうか。昔だって、千代、鶴、亀がつく名前はあって、これは長命を願ったのだろうが、願いの種類はそれほどなかったように思う(金太郎は輝くことを願った名前だったのか、金が儲かることを願った名前だったのか)。

 ところが、明治以降、結構いろいろな種類の願いを込めることが多くなって、秀雄とか、茂子とか、優作とか、いろいろバリエーションが増えた。そうした意味的な願いと、音のよさ、あるいはある種アニメ的なイメージがくっついて、今のキラキラネームになってきたのだと思う。

 それにしても、あと60年、70年経ったとき、「姫星(きてぃ)婆さん」とか、「男(あだむ)爺さん」になると想像すると奇異に思うが、その時代にはもうそれが普通になっているのだろうか。