アニメの癖

 災厄のときになると災厄の映画を見たくなるものなのか、Netflixでアニメ「アキラ」の人気が高まっているそうだ。

 おれは日本のアニメが苦手なせいもあって、今まで見たことがなかった。アニメだから、という理由で敬遠していたところもある。

 原作の漫画は好きである。

 昨日、食わず嫌いかもしれないな、と思って、見始めた。そして・・・やはりダメだった。開始3分で消してしまった。

 ファンの方には申し訳ない。自分が好きなものにケチをつけられると嫌だろう。まあ、しかし、おれの感じ方だ。仕方がない。

 おれは日本のアニメが苦手なのは、セリフまわしのせいもある。たとえば、「アキラ」の冒頭シーン(しか見てないのだが)で、夜の街にバイクで繰り出す金田たち不良少年のセリフ。

 

 

「そんなのに乗ってるほうが気が知れねえぜ」

「乗れるさ」

「ハハッ 欲しけりゃな お前もデカいのぶん取りな」

 

 

 文字で読むと特に違和感はないだろう。しかし、声で聞くと変な感じなのである。いかにも「書かれた言葉」を「話しているふうに見せ(聞かせ?)かけよう」というふうなのだ。

 声優たちが下手ということではないと思う。おれは自分からアニメを見ることはほとんどないけれども、ふと目に入ってくる他のアニメのセリフまわしも同じように「書かれた言葉」を「話しているふうに見せ(聞かせ?)かけよう」としているようにおれには聞こえる。

 外国の声優は知らないし、ニュアンスを感じ取るだけの外国語能力も持ち合わせていないので日本の声優についてだけ書くけれども、声優には声優の変な癖のようなものがあるように思う。おそらく、それは延々と培われてきて、その中で暮している人たちが普通に感じている「話し方」なのだと思う。

 そして、おれはそれに違和感を覚える。

 あとは、日本のアニメの大げさな誇張も苦手だ。宮崎駿の作品が典型的である。もう20年くらい見てないから、今はどうだか知らないけど。

 やはり、苦手なものには近づかないほうがよさそうだ。

陰謀論

 陰謀論というのは根強い人気のあるジャンルで、平常時には歴史上の陰謀論が唱えられ、非常時になると現代の陰謀論が唱えられる。

 陰謀というものは間違いなく存在するとおれは思う。米騒動と造船疑獄とオイルショックパナマ文書事件に関わったおれが言うのだから間違いない。

 しかし、陰謀論というのは一般的に陰謀というものが世の中にあるという話ではない。“もっぱら”陰謀によって世の中を動かすような大事件が起きると考えるものであって、甚だ怪しい。

 陰謀論を好む人は、世の中の事件がいろんな思惑やパワーの綱引きによって起きるということを理解しないか、あるいは目をつぶっている。現代の重要な事件というのはまず間違いなく多くのプレイヤーが多くの思惑とパワーによって絡み合い、くんずほぐれつしながらに起きるのだが、陰謀論を唱える人はそういう見方をしない。いわば、複雑系を単純系に置き換えるような乱暴な仕事をしている。

 陰謀論がはびこる理由のひとつは、逆説的だが、「実証できない」ことにある。証明できないからこそ、いろいろと想像をふくらませることができるし、都合のいい状況証拠を並べて証明に近いことができたように思える。だからこそ「実はおれは知っているのだ」と己を高めた心持ちになれてある種の快さを味わえるのだろう。

 陰謀論の楽しさというのは国際スパイ小説の楽しさに似ている。歴史の裏面で、からまり合って見えた糸がほどけるような快さを味わえる。もちろん、それは事実とは別の何かである。実証されてしまっては陰謀論は面白くなくなってしまう。

 ちなみに、本能寺の変ロスチャイルド家明智光秀に資金供与して起きたのだそうだ。

幸福な産院崩壊

 例のコロナ・ウィルスで世界中ドタバタしており、特にイタリアは大変な騒ぎのようである。

 外出が禁止され、アパートメントに住む人々がベランダに出て大合奏を繰り広げる動画が一気に広まったり、ボードビリアン達が手洗いの仕方や、直接の接触を避けることをお洒落にパフォームした動画が出たりして、愛される人々だなあ、とあらためて思う。

www.bbc.com

youtu.be

 おれは自分の判断力のなさには負の自信を持っているので、統計や、当局の施策について何も語ることはない。ただ、統計は数で物事を語るけれども、その数のひとつひとつには生きてる人それぞれのドラマがあるとは思う。

 そうしたドラマについてつらつら考えているうちに、ふと十ヶ月後、どうなるのだろうか、と思い至った。

 若い男女が毎日、自分の家、部屋に閉じ込められているのだ。大災厄だから、人間、自然と結びつきを求めるようになる。しかもイタリア人である。十ヶ月後、医療崩壊ならぬ産院崩壊が起きたりして。

 イタリア人への偏見か。日本だって、外出禁止になったらどうなるかわからない。何しろ、本能がそういうふうにできているのだから、仕方がない。これで一気に少子化は解決・・・とはいかないか。

 1965年にニューヨークが大停電になったとき、十ヶ月後に赤ちゃんがたくさん生まれた、という話がある。まあ、こういうのは本当かどうかより、面白いかどうかで広まるのであって、オモシロ・ウィルスもまた人類の歴史とともにあるのである。

https://www.this-is-italy.com/wp-content/uploads/2019/01/Italian-Baby-1.jpg

一を聞いて十はわからない

 たとえば、アメリカを旅行して、たまたま知り合ったおばさんの家に泊めてもらったとする。おばさんは何くれとなく面倒みてくれた。そうすると、こんなふうに考えがちだ。「アメリカ人は親切だ」。

 あるいは逆に、アメリカを旅行して突然暴力をふるわれ、非常におそろしい体験をしたとする。そうすると、こんなふうに考えがちだ。「アメリカ人は怖い」。

 もちろん、どちらも体験としてあり得る。しかし、どちらの「アメリカ人は〜」という結論も疑わしい。

 別にアメリカでなくとも、中国であろうと、ニジェールであろうと、ボリビアであろうと、グリーンランドであろうと同じである。わしらはたまたま出会った人の印象を、その土地やそこに住む人々の性質と勘違いしてしまいがちだ。

 おそらく、こういう大雑把な三段論法のせいなのだろう。

あるおばさんが親切だった。

そのおばさんはアメリカ人だ。

アメリカ人は親切だ。

 間違いである。いくらか実際に近づけるとこうなるだろう。

あるおばさんが親切だった。

そのおばさんはアメリカ人3億2千万人のうちのひとりだ。

アメリカ人3億2千万人のうちのひとりは少なくとも親切だ。

 もちろん、こんな考え方をわしらは普通、しない。しかし、統計学だの確率論だのを持ち出さなくとも、3億2千万分の一を全体に押し広げるのはあまりに乱暴であることはわかるだろう。

 わしらはたいてい、主観を客観に広げてしまう悪い癖を持っているのだと思う。ギャンブルに人が手を染めてしまうのも、あるいは宝くじで自分に3億円が当たると考えてしまうのも、この主観を客観ととりちがえてしまう悪い癖のせいなんだろう。

 一を聞いて十を知る、というが、本当にそういう芸当ができるのは豊富な、自分でも把握しきれないくらいの豊富な知識を内にしまい、しかも直感に非常に優れたほんの一握りの人間だけだと思う(おれを含む。うそ)。

 凡人は、一を聞いて十を知る、その最初の一すら間違っていたりするのだ。そういうものなのだ。

一丸

「一丸となって」とか、「総力を挙げて」などという表現を好む人がいる。

 先日、「官民一丸となって」というセリフを見かけて、怖じ気をふるった。ヤだね! ゴメンコームルヨ! 官なんかと一緒になりたくないし、一緒にやったら、それは癒着というものである。官は黙って(別にワメきながらでもいいが)自分の仕事をしてもらえば結構だし、できることなら、民の邪魔になることをしないでいただきたいと思う。

 おれは集団行動が昔から苦手なせいか、一丸とか総力という言葉が嫌いだ。気モチ悪イと思う。一億総ナントカ、という表現も嫌いだ。おれはおれで勝手にやるから、おまえらもめいめい勝手にやってくれ、と思う。

 まあ、「一丸となって」「総力を挙げて」などと簡単に言う人は大して物を考えずに、勢いをつけて喜んでいるだけなんだろうけど。

 全員責任という考え方も嫌いだ。全員で責任を持つということは、ひとりあたり大して責任を持たないということではなかろうか?

マンション名の日本語訳

 周知の通り、ご一新の文明開化以来、我が国における洋物崇拝には非常なものがある。一方で、それに対する反作用としてのニッポン・バンザイ論もはびこっていて、鏡に自分の顔を映してニヤニヤしているような姿をそこらじゅうで目にできる。もっとも洋物崇拝と自文化バンザイ論というのはおそらく我が国だけのことではなく、欧米の文明・文化にヤラレた感のある社会ではどこでも見られるものだろう。

 どういう文化的思考経路によるのか不明だけれども、我が国の洋物崇拝の極北はマンション名である。試しに、「マンション 販売開始」で最近のマンション名を検索してみたら、あっという間にこんなのが出てきた。

 

リビオ東中野ヒルトップ

クレアホームズ朝霞本町

プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

パークタワー勝どきミッド/サウス

ミオカステーロ東川口

パークコート渋谷 ザ・タワー

FUJISAWA THE TOWER

 

 ひとつめのリビオは英語だと人の名前だそうである。日本語に訳すなら「リビオさん東中野 丘の上」といったところか。ふたつめのクレアも女性の名前。「クレアの家々 朝霞本町」だが、おそらくリビオもクレアもブランド名なのだろう。知らんけど。

 三番目「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」が凄い。「誇りの塔 東池袋 駅の闘技場」である。状況、というか、事の成り行きがまったくわからない。

 四番目「パークタワー勝どきミッド/サウス」は「大庭園の塔 勝どき 真ん中/南」。あるいは「駐車場の塔 勝どき 真ん中/南」。おれには今いち何を言いたいのかわからない。

 五番目「ミオカステーロ東川口」はイタリア語だ。「Mio Castello」。「私の城 東川口」である。何LDKなのか知らないが、ずいぶんと小さなお城である。

 六番目「パークコート渋谷 ザ・タワー」もパークもの。「大庭園宮廷 渋谷 これぞ塔」。あるいは、「駐車場法廷 渋谷 これぞ塔」。誇大妄想狂か、軽犯罪の裁判か。

 七番目「FUJISAWA THE TOWER」は欧文表記で攻めてきた。「FUJISAWA これぞ塔」である。常々、英語での「the」の使い方は気をつけたほうがいいとおれは思っているが、FUJISAWAの物件はまんまと引っかかったようだ。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/98/CampanilediGiotto.jpg

これぞ塔。

Hiro-o / CC BY-SA (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)

 

 かく言うおれもマンション暮らしである。名前は秘密だが、宮殿に住んでいる。

フナムシのいのち

 動物の生き死にについて「同じいのち」(なぜかひらがなで書かれる)と言い出す人がよくいて、読んだり聞いたりするたびにおれは困ってしまう。

 犬猫のようにペットとして飼われている、というか、人によっては家族のような存在になる動物なら、まあ、気持ちがわからぬでもない。しかし、牛、豚、鶏となるとどうなのか、あるいはライオン、シマウマ、ヌー、オポッサムとなると「(人間と)同じいのち」と考えていいのか、怪しく思えてくる。まあ、たとえ同じいのちだったとしても、食うの食われるのという世界で生きている動物について、人間と同じように考えていいのか、すこぶる疑問ではある。

 あるいは、シャケはイワシはウニはどうなのか。海岸なんかに大量にいるフナムシも同じいのちなのだろうか。おれは温かい心が足りないのか、愛が足りないのか、とてもそんなふうには感じられない。

 おそらく同じいのち派の人々はこんなふうに考えているのだろう。人間もフナムシもいのちがあることは同じ → 同じいのち → 人間のいのちと同じようにフナムシのいのちも扱われないとおかしい。2番目と3番目の間にはだいぶんの飛躍がある。論理の展開をちょっと変えると、3番目は「フナムシのいのちと同じように人間のいのちも扱ってよい」となってしまう。

 人間もフナムシも同じいのちなのです、となると、それでは稲は同じいのちではないのか、ニンジン、ダイコン、カリフラワーはどうなのだ、と迷宮に入ってしまう。同じいのち云々というのは実は恣意的な物の見方ではないかと思うのだ。

 何かで、命なんてものは本当はないのだ、生きているという状態があるだけなのだ、と読んだことがあって、感心した。しかし一方で、言葉レベルの話では確かにそうかもしれれないが、そっち方面にがんがん進んでいくと、人間同士であっても殺伐とした関係になりかねず、何事もリクツはほどほどがよいように思う。

 こういうのはファンタジーの問題であって、おれもまた別のファンタジーの中にいるのだろう。ファンタジーと別のファンタジーが時たま真正面からぶつかってしまうことがあり、自分たちのファンタジーを押しつけるとなかなかうまくいかないことが多い。