ペット目線

 SNSWWF世界自然保護基金)の広告がよく出てきて、野生動物の保護を訴えているのだろう、「かわいそうは、守りたいのはじまり。」とのたまう。

www.wwf.or.jp ああ、ヤダヤダ。野生動物に対して、ペット目線ではないか。

 ペットというのは動物の中でもかなり特殊なもので、なぜか子どものように扱う人が多い。「あらあら、いけましぇんねー」とか、「もうちゅぐご飯でしゅからねー」とか、十数歳、人間なら六十歳か七十歳くらいにあたる犬に幼児言葉で語りかけたりする。

 おそらく、昔はもっと人間と飼う動物の間に身分の差というか、立場の違いというものがあったのだろう。しかし、核家族や単独世帯が増えて、家族(主に子ども)の便利な代わりとしてペットを選ぶことが増えたんだろうと思う。その結果としての「もうちゅぐご飯でしゅからねー」である。

 まあ、ペットにどう接しようと勝手ではあるけれども、その目線(子ども目線)を野生動物にまで広げるのはどうなのかと思うのだ。野生動物には野生動物の尊厳というか、人間の勝手な願望やファンタジーとは別のありようがあるのであって、それをちっぽけなペット目線で扱うのは失礼ではないか。

 そもそも、「かわいそうは、守りたいのはじまり。」なら、たとえば、野生状態においてライオンに食われるヌーとか、ワニに食われるシマウマはどう考えればいいのだろうか。ヌーやシマウマがかわいそうで守りたいといっても、守られてしまってはライオンやワニは飢えなければならない。ライオンやワニがかわいそうで守られてしまってはヌーやシマウマは食われなければならない。あるいは、たとえば仮にフジツボが絶滅しそうになったら、かわいそう、守りたいとなるだろうか。ゴキブリ、ムカデ、アナコンダだとどうか。動物保護におけるかわいそう路線は何かこう、あっというまに行き止まりにつきあたってしまうと思う。

 野生動物保護に反対しているわけではない。ペット目線は野生動物に対して失礼だし、ペット目線に基づく保護は視野がごく狭いうえ、動物格差社会に至るように思うのよね。

物の名前

 昨日、あいちトリエンナーレで見たビデオ作品に、翻訳について、同じ食材を使って同じような料理法でつくっても炒飯と呼ばれたりナシゴレンと呼ばれたり、というような一節があって、妙に印象に残った。

 よくよく考えれば、何かに名前をつけるという行為には、なかなかに深いものがある。一番の役割は、他と区別するため、ということであろう。「アレがアレをアレしたら、アレがアレした」では話が通じにくく、そこで炒飯と呼んだり、ナシゴレンと呼んだりするわけである。そんなこんなで、炒飯がナシゴレンをピラフしたら、米がライスした、となるわけだ。ならないか。

 名前には一般名詞と固有名詞というのがあって、たとえば、おれが人間で日本人で馬鹿というのは一般名詞で、稲本で喜則というのは固有名詞である。

 人格や人格に近いものを認めたい対象(たとえばペット)、あるいは企業やブランド化した商品には固有名詞をつける。一方で、作品に対しては微妙で、美術作品には固有名詞がつくことが多いが、音楽では曲には名前がついても個別の演奏には名前がつかない。考えてみれば不思議である。演奏それぞれは別の特徴や個性を持つはずなのに、だ。

 料理も普通は一般名詞がついて、固有名詞がつくことはない。

 毎日、炒飯(でもナシゴレンでもよいが)をつくる人間が、それぞれの炒飯に名前をつけることにしたらどうなるだろう。「今日のヒロコは昨日のゴローより胡椒が効いておるわい。卵の具合はゴローのほうが少し上かな。それにしても、一昨日のミッチェルは良い炒飯だったなー」などと遠い目で回想したりして、まあ、どのみち、食ってしまうわけですが。

未来志向への疑問

「未来」という言葉がやたらと幅を利かしておって、おれは天の邪鬼のせいか、疑惑のマナザシで眺めてしまうのである。

 先に書いたように10代の頃はおれのSF時期であって、未来ということに非常に興味を持っていた。20代の頃はパソコンやインターネットが出始めの頃で、実体験できる未来というものが手元に来て、しばしばコーフンした。しかし、30代の頃になると急激に興味を失い、勝手にやっててくれ、お互い死ぬときは別だ」と思うようになった。今も「未来」ということについては割と醒めた目で見ている。

「未来」ということがもてはやされるのは、テクノロジーが進化するということと、価値観や目にするもの耳にするものも変化する(進化なのかどうかはわからない)、社会のあり方もそれにつれて変化する、ということなのだろう。

 自由競争市場では、「新しい」「これまでにない」ということが非常に売りになるから、そういう必要に引っ張られて、人々が「未来」「未来」「未来」と無意識にする込まれているところもあると思う。

 しかし、とおれは思うのだ。現在にだって、あるいは残っている過去のものにだって、とても豊かなもの、面白いものはたくさんあり、それらを味わい尽くせていない。いや、味わっている部分はほんの少しだ、と思うのだ。味わっていないもの、知りもしないことは膨大にある。

 そんななかで、「未来」「未来」「未来」と追いかけるのはちょっと痩せた感じ方なんじゃないかと思うのだ。デブになりつつあるおれとしてはそう言いたい。

ガキの時分の未来を思う

 小学校高学年から中学くらいまで、やたらとSFを読んだ時期があって、今を去ること40年ほど前である。

 おそらく、星新一あたりから入って(童話調のところが子供には入りやすかったのかもしれない)、筒井康隆で腰を抜かし、小松左京の壮大さにロマンを覚え、半村良の歴史とSFの合体にコーフンし、海外ではスタニスワフ・レム、ロバート・ハインラインE・E・スミスアイザック・アシモフフランク・ハーバートH・G・ウェルズ等々、雑食であった。

 そのさらに前をさかのぼると、おそらく子供向けの科学雑誌で「未来の暮らし」みたいなものを見たり、手塚治虫火の鳥を読んだりが、おれのSFというか、未来イメージの原体験になっていると思う。

 それらでは、エアカーとか、ムービングウォークとか、背負式ジェットとか、まあ、そんなような交通手段が未来のものとして想定されていた。実現されたものもあるし、実現されていないものもある。エアカーなんていうのは随分古典的な発想だけれども、いまだにできていない。ドローンが変わって最近ではのしてきた。

 コンピュータはたいたい単体型で、ネットワークという発想はほとんどなかったと思う(ウィリアム・ギブソンが出てくるのは少し後だ)。世界が単体コンピュータに支配される、というのは定番で、一方で、人間に忠実な参謀としてのコンピュータというのもよく描かれた。

 未来人の服装はというと、どういうわけか昔からレオタード的なものがよく描かれた。体にぴちっとくっつくイメージが未来的に思えたのだろうか。

 しかし、とおれは思うのだ。あのレオタード調の服、中年太りの人間について、どう思っていたのだろう。ぽっこりと、しかもいささか重力に対して妥協してきている体型をレオタードで包むと、大変に見苦しい姿になると思うのだが。と、己の体のあちこちを眺めつつ思うのである。

除◯

 ドラッグストアや百均の中を歩くと、「除菌」「抗菌」「殺菌」という言葉にやたらと出くわす。

 なぜ今の世の中に「除菌」「抗菌」「殺菌」という言葉があふれているかというと、もちろん、菌をなくせば安全、病気知らずということもある。一方で、菌というものが一種の不安や恐怖をもたらすせいもあるんじゃないか。ずばっと言うと、菌は肉眼では「見えない」。このことが不安や恐怖をおぼえさせ、消してしまいたくなるのだ。

 そういう意味では、現代の「菌」への不安や恐怖は実は昔からの「霊」への不安や恐怖とよく似ている。霊も普通は目に見えない。しかし、何かしらの働きかけ、しばしばよくない働きかけをしてくる。病気が霊のせいにされたのは、実際には目に見えない菌が病気の元になることを考えれば、実はいい線を行っている。

 ……などと、真面目じみたことを書いておいて、おれがここでやりたいのはもっとくだらないことだ。「除菌」を「除霊」と言い換えるとどうなるか。まずはネットで「除菌」と名のつく商品を拾い集めてみよう。

カビキラー アルコール除菌 キッチン用
次亜塩素酸 空間除菌脱臭機
消臭・除菌スプレー
呉 便座除菌スプレー 15ml
除菌洗剤 除菌クリーナー 5L
除菌剤 20L
78%アルコール製剤_除菌習慣18リットル_エタノール製剤
滝川 除菌エタノール液 80 4000ml

 この中の「除菌」を「除霊」に置換してしまう。テクマクマヤコンテクマクマヤコン、エイッ!

カビキラー アルコール除霊 キッチン用
次亜塩素酸 空間除霊脱臭機
消臭・除霊スプレー
呉 便座除霊スプレー 15ml
除霊洗剤 除菌クリーナー 5L
除霊剤 20L
78%アルコール製剤_除霊習慣18リットル_エタノール製剤
滝川 除霊エタノール液 80 4000ml

 なかなかの迫力である。「アルコール製剤_除霊習慣18リットル」など、ちょっと思いつかない。

 ……などとふざけふやけて書いていたら、何やら体の調子がおかしくなってきた。首がまわらない。肩から背中にかけてが重い。足が痺れてきた。ふりかえると、うわっ!

 

英語の訛り

 おれは英語のヒヤリングについてはほとんど駄目で、英語でペラペラペラペラと喋られると、ペラペラペラペラとしか聞き取れない。

 しかし、映画などでかれこれ40年ほど聞いていると、アメリカ英語、イギリス英語の発音のくせくらいはなんとなくわかるようになった。

 電車に乗っていると日本語のアナウンスに続いて、英語のアナウンスが流れることが多い。この頃、これがどうも気になる。

 おれは東急線をよく使うのだが、英語のアナウンスがアメリカ英語、それもかなり特殊というか、ありていに言うと訛っているように聞こえる。日本語のアナウンスの声と英語のアナウンスの声が同じ女性の声だから、おそらくバイリンガルの日本人(かどうか知らんけど)が英語も喋っているのではなかろうか。

 あれ、英語のネイティブの人が聞いたらどんなふうに感じられるのだろうか。

 もしかしたら「まもなぐ、めぐろにづぎます」とか、「もうすぐ、めぐろやわ」とか、「すぐぐろばい」とか、そんなふうに聞こえるんではなかろうか。

 まあ、英語のネイティブの人といってもいろいろであって、生まれ育ちによって受け取るニュアンスは違うだろう。また、訛りは訛りでこのましくもある。日本のように公共交通機関NHK的「標準」発音で、ということもないのだろうが、それでも英語のネイティブのいろいろな人が日本の英語アナウンスのニュアンスにどんな感覚を覚えているのか、ちょっと興味はわく。

☆大作戦

 頭の中の回路が変なふうにつながっているのか、時々、妙なことを発見する。

 昨日、発見したのは「☆大作戦」とつけると、たいがいのものが勢いよく、かつ軽くなることだ。

 たとえば、

大掃除☆大作戦

 とくれば、何かこう、掃除用具やら洗剤やらをいろいろと買い集めて、一気呵成に片付けなければならない心持ちになる。

 あるいは、

ラッシュアワー☆大作戦

 とくれば、これは鉄道会社だろうか、自治体だろうか、ともあれ、いろいろと手をつくして、都市部の大問題に立ち向かう気分(あくまで気分だけだが)が盛り上がる。

 まわりを見渡して、テキトーに言葉を持ってきてみよう。

耳かき☆大作戦

おーいお茶☆大作戦

置き時計☆大作戦

歯間ブラシ☆大作戦

 ・・・なんだかわからぬが、勢いだけは感じられる。

 しかしまあ、「☆大作戦」だからといって何につけてもいいというわけではない。さすがに、

インパール☆大作戦

 はよろしくない。反省してます。