イギリス庶民院のムービーが楽しい

 イギリスではEC離脱が3月31日に迫って大騒ぎらしい(いわゆるブレグジット)。メイ首相がECとまとめた合意案が庶民院(The House of Commons。日本では「下院」とも呼ばれるが、「庶民院」のほうが歴史が表れていておれは好きだ)で否決された。ECは再交渉などせん!とそっくり返り、メイ首相はそれでも離脱ギリギリまで粘ろうとしている。

 YouTube庶民院のムービーがたくさんあって、おれには何言ってんだかよくわからないが、その活気を見ているだけで楽しい。

youtu.be 向き合ったベンチ型の議席の間に座っている(時々立ち上がる)ダミ声の愛嬌あるおっさんがジョン・バーコウ庶民院議長だ。「Oooordeeeeeer!」(静粛に)とダミダミ言って、アンタが一番静粛にしとらんじゃないか、とツッコミたくなるんだが、原語は「Order」だから、秩序を守れ、という意味である。

 日本の国会の議長は質問者と回答者の名前を偉そうに読み上げるばかりという印象がある。あとは、議会が紛糾したとき、どうするかまわりとこそこそ相談しているイメージか。

 イギリスの庶民院のバーコウ議長(言語で議長はMr.Speaker)はまさに議会を「仕切って」いて、時にはテレビショウみたいである。

youtu.be

 ヤジは「Yeah」と「No」が入り混じり、羊の群れの鳴き声みたいに聞こえる。

参考:

youtu.be イギリスの庶民院では発言したいものが立ち上がり、議長が指名すれば自由に発言できるようだ。質問者があらかじめ質問を提出し、内閣側が官僚に徹夜で資料を整えさせて答える日本の国会とは、随分違う。

 まあ、バーコウ議長の場合、いささか脱線気味で、釈明に追われるときもあるようだが……。

youtu.be イギリス庶民院は面白い。英語がよくわからなくても面白い。オススメします。

日本語の特性 - 一人称、二人称の豊富さ

 日本語の特性のひとつに、一人称、二人称がたくさんあることが挙げられる。

 一人称の言葉を思いつくままに書くと:

私、僕、俺、おいら、あたい、小生、我輩、自分、わし、あっし、手前、やつがれ、朕、拙者

 まだまだあるだろう。

 二人称:

君、あなた、あんた、おぬし、てめえ、そなた、そち、貴君、貴様、自分(関西弁では一人称でも二人称でも使う)

 日本語学習者にとってはもしかすると日本語の一人称、二人称の多さは厄介なのかもしれない。しかし、慣れると、一人称、二人称を使い分けることで、立場や、自分/相手の捉え方など、いろいろなニュアンスを表現できる。

 同じ音でも文字面を変えると違うニュアンスになる。たとえば、「僕」は「ぼく」と書くか、「ボク」と書くかで、読む側の受け取る感覚が違う。

僕が馬鹿だった。

ぼくが馬鹿だった。

ボクが馬鹿だった。

「ボク」という表現は昭和の終わり頃の若者向け雑誌(ポパイやホットドッグプレスなど)が頻繁に使っていた印象がある。ちょっと気取ったような、カマトトぶったようなふうにおれは感じる。今の若い人は「ボク」という書き方をするのだろうか。

 「俺」も、「おれ」「オレ」でニュアンスが違う。

俺には関係ない。

おれには関係ない。

オレには関係ない。

「オレ」という表現には独特の強さがある。自我の強さ、世間への強がり、コートの襟を立てる風、とでもいうか。

 おれは個人的な文章ではもっぱら「おれ」を使っている。普段の話し言葉でもっぱら「ore」という発音を使っているのと(もちろん、TPOによるが)、「俺」「オレ」だと強すぎる感じがするからだ。

 逆に、一人称を書き分けることで、書いているときの気分やキャラクターも変えることができる。「オレ」と書くと、オレな心持ちになってくるのだ。

 一人称によって自己規定を微妙に変えられるというのはなかなか便利で面白い。興味ある人は、文章を書くとき、いろいろと変えてみると、日本語表現の楽しさを味わえると思う。

 

日本語文の特性 - 語順の自由さ

 前回、日本語は修飾する言葉が先に来るせいで複雑な構造の文章を書くのに向いていない、述語が最後にくるので文を読み終わらないと理解できないと書いた。

 しからば(鹿騾馬)、日本語は言語として劣っているのかというと、そう簡単には言えない。たとえば、英語と比べて便利な特徴もある。ひとつは述語以外の言葉の順番を割と自由にできることだ。

 英語は語順がかなり決まっている。「おれはおまえを愛している」と英語で書くときは、

I love You.

 とこの順番にするよりない。主語、述語、目的語という順番がひらの文では決まっているのだ。

 日本語の場合は、

おれはおまえを愛している。

おまえをおれは愛している。

 のふたつの書き方がある。上の文と下の文はニュアンスが少し違っていて、たいがいは先に来る言葉のほうが重く感じられる。このニュアンスの書き分けをするのが、日本語の文章を書く楽しみのひとつだとおれは思っている。さらには読点を使って、

おれは、おまえを愛している。

おまえを、おれは愛している。

 とすると、また違ったニュアンスが出てくる。

 もっとも、古来、日本ではこういうとき、

月がきれいだ。

 と表現すべきだという説もあり、言語表現はおそらく何語であれ、奥が深い。

 

 

日本語文の特性 - 修飾が先、述語が最後、の不便さ

 おれはコピーライターという仕事をしている。広告宣伝の仕事はそれほど多くなく、主に企業に頼まれて雑多な文章を書いている。現代の代書屋である。

 代書屋であるからして、文章に接したり、自分でひねくり出したりするのが飯のタネだ。飯のタネだから、日本語文の特性について考えることがままある。

 言語と別の言語には、翻訳しやすい/しにくい相性があると思う。もっとも、おれが操れるのは日本語だけで、英語がどうにかこうにか理解できる程度だから、いささかたよりない仮説ではあるが。

 はっきり言って、日本語と英語は相性が悪い。文の構造がまるで違うんだから、仕方がない。

 今、手近にある英語の本から文章を抜き出してみよう。

The second thing to understand is that the problem of insecurity cannot solved by spreading people out more thinly, trading the characteristics of cities for the characterisitics of suburbs.

(“The Death and Life of Great American Cities”, Jane Jacobs)

 イチかバチか訳してみよう。

ふたつ目に理解すべきあのは、不安の問題は、人々を外へと薄く引き伸ばして、都市の性格と郊外の性格をトレードしても解決されないことだ。

 この日本語文を一度でさっと理解できる人はなかなかいないのではないか。おれの訳の不味さのせいだけではない。英語の構造に沿って書かれた文章を、全然別の構造を持つ日本語文に置き換えるのにはムリがあるのだ。

 英語は、一般に、主要な単語が先に来て、それを別の言葉が修飾するという構造になっている。また、主語、述語が先に出てくる。文の中の重要な要素(主語、述語、主要な単語)が先に出てきて、修飾する言葉が後に来るから、文を読み進みながら理解しやすい。

 一方、日本語は修飾する言葉が先に来る。述語が最後に出てくる。長い文だと、一文まるまる読み終わるまで何を言いたいのか理解できないことが多い。長い、長い文を読んで、最後に「ということはない。」などと否定形でどんでん返しされ、内股を食らったような心持ちになることもある、ということはない、とは思わない。

 思うに、日本語の元ができた頃は文が短くて済んだのだろう。「強い敵が来る」「木に赤い実が成った」「あっちの海で大きな魚が釣れた」などというふうに。修飾部分が先に来たり、述語が最後に出てきたりしても大して問題なかったのだと思う。

 ところが、社会がややこしくなってきて、複雑な物事を言わなければいけなくなったとき、修飾部分が先に来る、述語が最後に来る、という日本語の構造はなかなか不便になってきた。もしかすると、日本語の語順を変える、という大実験をどこかの段階でできたのかもしれないが、それをやらずに来てしまった。

 まあ、ここまで来たらこのまま続けるしかないのかもしれない。しかしまあ、ややこしい内容を言わねばならない実用文については不便な言葉であるよ、日本語は。

方言の浸透と吉本

 もうお亡くなりになったが、アートディレクターの長友啓典さんが大阪の笑いについて語るのを聞いたことがある。長友さんは大阪の出身(1939年生まれ)だが、戦後の大阪は今のようにお笑い全盛ではなく、日常会話も「まずは笑い」というふうではなかったという。ただ、学校で吉本の漫才を聞く機会があって、「あれは吉本のお笑い百年計画だったんじゃないかなあ」とのことだった。

 おれが富山で三国一の美少年と騒がれていたガキの時分(1970年代)も、テレビに演芸番組はあったが、夜の番組では今のようにタレントの半分がお笑い芸人ということはなかった。お笑いが全国のテレビで広く認知されるようになったのは1980年の漫才ブームの頃からだと思う。

 それでも今のように東京の人間が日常会話として大阪弁もどきを口にすることはなかった。明石家さんまが何かで言っていたのだが、さんまが東京に出てきた頃、大阪弁は東京で珍しがられ、時には露骨に笑われたりもしたそうだ。おれが大学で東京に来たのは1980年代前半だが、大阪出身の友達の言葉(「やで」とか「やねん」とか)がしばしばからかわれていた。東京では方言全般を小馬鹿にする風潮があったが、大阪弁もそのひとつだった。

 そう振り返ってみると、今は話し言葉が随分豊かになったと思う。大阪弁は全国的に完全に市民権を得て、第二共通語に近いくらいである。博多華丸大吉らの活躍で博多弁、千鳥の活躍で岡山弁も知られるようになった。方言ならではのニュアンスがポジティブに捉えられるようになってきて、よいことだと思う。

 それぞれの方言にはそれぞれのニュアンスがあり、たとえてみれば、同じドレミをピアノで弾くのとトランペットで吹くのとギターで弾くのでは受け取るものが違うようなものだ。方言のニュアンスが伝わるうえでお笑いの影響は大きく、そう考えると、20世紀終わりから21世紀にかけて(平成にほぼ重なる)言語文化方面に吉本興業という一企業が果たした役割は、あまり意識されていないようだが、随分と大きい。

ライト・プレイス、ライト・タイム・・・

 宮崎市定著「中国史」を読んでいる。

中国史(上) (岩波文庫)

中国史(上) (岩波文庫)

 宮崎市定(みやざき・いちさだ)先生は、内藤湖南らの京都大学東洋史学を継承、発展させた大学者だそうだ。だそうだ、などと甚だ頼りない書き方をするのは伝聞情報だからで、教養がないとこういうときに哀しい。

 今、総論を読み、春秋と戦国を終え、ようやく秦の時代に入ってきたところだ。市定先生の文は平明なのだが、何せ内容が濃いので、ちびちび読んでいる。

 先生は1901年生まれだから、西暦の下二桁をとれば、先生がそのときいくつだったかがおおよそわかる。「中国史」は上が1977年、下が1978年の刊行だから、先生が七十代後半の著作だ。

 1970年代後半はまだソ連が表向き健在で、中国も毛沢東が亡くなって文化大革命がようやく終結する頃である。日本でもマルクス主義唯物史観階級闘争)がまだ幅を利かせていた。

 市定先生は終戦直後にまだ四十代半ばだった。その後、、ボウフラのように湧き出してきたマルクス主義的な歴史学と随分、戦わなければならなかったのだろう。こんなことを書いている。

 (・・・)私がいつも考えていることは、人間の頭の働きには大体二通りの方向があることである。ある人たちは言葉を重んじ、言葉と言葉との関係なら、どこまでもその論理の展開について行くことができる。この派の人は具体的な事実に出会うと、すぐそれを抽象化し、抽象しない限りは理解したことにならぬとする。(・・・)

 ここで我々が注意しなければならぬことは、事実を抽象して抽象語を造ると、その言葉は事実の裏付けなしでも、独り歩きし出す危険のあることである。(・・・)

 最も甚だしい例は戦時中の日本であった。日本の歴史事実を抽象して、あるいは抽象したと称して、無数の抽象名詞が造成された。皇道、神国、八紘一宇などの言葉が、本当の日本の歴史から離れて、独立に動き出したから大変だったのである。(・・・)私の個人的な考えでは、世の中にはずいぶん唯物論と名乗る観念論があって、それはどこの側からでも借用されそうな危険を内蔵しているような気がしてならない。

 確かに、いわゆる極右も左翼も観念論(としばしば情念)が先行するという点で近い。

 しからば、先生の頭の働きはというと:

 (・・・)それは具体的な事実ならば、そのまま頭の中に納まり、事実と事実との連絡、因果関係においてなら、相当複雑な、かつ長たらしいものであっても、すぐ理解することができるという頭である。しかし、それを抽象化されてしまうと、もう言葉と言葉の論理にはついて行けない。言葉には具体性がないからである。(・・・)世間ではどうやら、こういう作業は歴史学の中でもいちばん下等な仕事だと見る人が多いようである。(・・・)しかし私の考えではこのような生き方こそ、歴史家の本筋であり、歴史家でなければ出来ない仕事だと思って自ら安んじている。他人がなんと思おうとそれは私に関係したことではない。

 この一文、シビれた。

 戦後のマルクス主義者には随分と頭のいい人たちがいたろうし、ソ連や共産中国を建てた人たちも、多くが頭よく、理想に燃えた人たちだったろうと思う。しかし、その後の歴史を見る限り、概してよい結果を生まなかったようだ。観念論が先行しすぎたのだと思う。

  ライト・プレイス、ライト・タイム(in the right place at the right time)という言葉がある。ことを為すにはいい時、いい場所にいることが大切だという。しかし、それとともにライト・ウェイ(in the right way、正しいやり方)が大切なのだろう。

 最後に、市定先生のシビれる文章をもうひとつ。この頃の近視眼的な教育政策に対して、重要なポイントをついていると思う。

 ところで基礎的な学問ほど、由来直接の役には立たぬものなのである。また役に立つはずがないのだ。それは自然科学に比べればすぐ分る。解剖学者は大てい診察ができないし、解析幾何を専門とする数学者がそのまま測量ができるとは限らない。

 解剖学が進んでこそ臨床医学は進むし、解析幾何が進んでこそ測量も工学も進む。畑を耕さないで実学の実(み)ばかりを取ろうとしていると、すぐに土地は痩せてしまうだろう。

 宮崎市定著「中国史」の総論のうち、特に最初の「一 歴史とは何か」はシビれる。興味を持った方には一読をおすすめします。

法の下の冷酷

 おれは今上天皇と面識がなく、直接話をうかがったわけではないが(当たり前である)、天皇、あるいは皇族であることは随分と不自由な身の上であろうと思う。

 前にも書いたが、たとえば、天皇は自分名義のクレジットカードもつくれなければ、ECサイトで物を買うこともできない。もし買おうと思ったら、会員登録のときに「姓:天皇」「名:明仁」「First Name: Akihito」「Family Name: Emperor」などと書かねばならず、個人情報もビックリである。そもそも選挙権すらない。

 天皇の地位というのは憲法皇室典範で決められていて、ある意味、日本国民(なのかどうかも曖昧だが)の中でこれほど人権が制限されている方も珍しいのではないかと思う。そして、その不自由、不都合をおれも含めて多くの人が当然か、自分には関係のないことか、仕方のないこととして等閑視している。

http://www.kunaicho.go.jp/img/ph1-h301223.jpg

 その不自由、不都合は自分自身の身に置き換えて想像してみるとわかると思う。試しに、日本国憲法の条文の中の「天皇」を「あなた」と書き換えてみよう。

日本国憲法

 

第1章 あなた

  • 第1条 あなたは、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
  • 第2条 あなたの地位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
  • 第3条 あなたの国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
  • 第4条 あなたは、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
     あなたは、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
  • 第5条 皇室典範の定めるところにより、摂政を置くときは、摂政は、あなたの名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。
  • 第6条 あなたは、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
     あなたは、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
  • 第7条 あなたは、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
     1 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
     2 国会を召集すること。
     3 衆議院を解散すること。
     4 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
     5 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
     6 大赦、特赦、減刑刑の執行の免除及び復権を認証すること。
     7 栄典を授与すること。
     8 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
     9 外国の大使及び公使を接受すること。
    10 儀式を行ふこと。
  • 第8条 あなたに財産を譲り渡し、又はあなたの家が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

 おれなら、ヤダネ、ゴメンコームルヨ、とケツをまくりたくなるところだ。

 日本国憲法の別の条文を見てみよう。天皇および後続の立場から見てみれば、随分、皮肉である。

  • 第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
  • 第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
  • 第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
  • 第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。