さまざまな時間の捉え方2

 前回、直線的な時間の捉え方について書いた。

 キリスト教イスラム教、ユダヤ教など、終末論の宗教がベースにある社会では直線的な時間の捉え方が主になり、「進歩していく」という考え方はそうした直線的な時間の捉え方から来ているように思う。イノベーションという考え方もそうだし、マルクス主義もそうだ。今の日本も、直線的な時間の捉え方が支配的だと思う。まあ、思いつきで書いているのであって、実証する力も根気もおれにはないが。

 江戸時代以前の社会では、よく知らないが、循環的な時間の捉え方が結構強かったのではないか。春夏秋冬、四季の変化もあるし、農業が産業のかなりの部分を占めていたせいもある。今でも「季節はめぐる」みたいな言い回しにどこかロマンチックな印象を抱きがちなのは、そうした循環的な時間の捉え方が日本に残っているからだと思う。一方で、人生方面では「老いる」ということが大きなテーマで(まあ、それはどこの社会でも同じだろうが)、小野小町光源氏に限らず、どうやら老いる、老いる、哀しい、哀しいと日本のあちこちで泣いていたようではある。

 伝統的なインドはどうだろう。住んだこともなければ行ったことすらないが、漏れ聞くあれやこれやではどうも欧米、日本とも違いそうだ。生まれ変わりということが根強く信じられているらしく、図的に言えば、直線(一生)の端と端が別の直線と斜めにつながっているような感じだろうか。さてさて。

 伝統的な中国も興味深い。儒教のほうでは過去を理想とする考え方も強かったようだ。といって、別にみんながみんな後ろ向きに歩いていくイメージでもないだろうし、一方で進歩バンザイ、でもなかったようだ(保守的な考え方が強かったようではある)。共産党が政治を握ってからは、進歩バンザイ、が表に出るようになり、また、経済発展にしたがって直線的な時間の捉え方も納得されてきているのだろうが。

 他の国、たとえば、ニカラグアでは、カメルーンでは、ベラルーシでは、アフガニスタンでは、パプアニューギニアでは、どんな時間の捉え方があるのだろう。ちょっと興味はわく。

 繰り返しになるが、例によって思いつきで書いた。責任は一切とらぬ。

さまざまな時間の捉え方

 おれは、進化は素晴らしい、という考え方を昔から疑惑のマナザシで見ておって、あまりに無邪気に進歩バンザイ! 発展バンザイ!とするような意見を読むとブーイングしたくなる。

 あの進歩バンザイ! 発展バンザイ!という感じ方はいつ頃生まれたのだろうか。17、18世紀のヨーロッパ産業革命の頃か、技術開発によって企業競争の出し抜く出しぬかれるが激しくなった欧米の19世紀の頃か。

 ちょいちょいと歴史の本を読むと、産業革命以前のヨーロッパではあまり進歩バンザイ! 発展バンザイ!というふうではなかったようだし、その他の地域では20世紀までそうした風潮は支配的でなかったようだ。

 ここからはだいぶ乱暴な思いつきになるのだが、進歩バンザイ! 発展バンザイ!という感じ方はキリスト教(およびイスラム教、ユダヤ教)の直線的な時間の捉え方がベースになっているように思う。神がこの世を創造し、人間が右往作法して、最後には最後の審判の日が来る、という例のあれだ。

 もっとも、直線的な時間の捉え方があればすぐに進歩バンザイ! 発展バンザイ!になるかというと、そうではない。さっき書いたように、キリスト教が支配的だった昔おヨーロッパでも、あるいはイスラム圏でも進歩バンザイ! 発展バンザイ!的な様子が見られないからだ。あったとしても、モノそのものに対する「おお、こりゃ凄い」という直接的な感想くらいではないか。

 進歩バンザイ! 発展バンザイ!の背景にはおそらく科学技術の進歩と、国と国の戦争、あるいは企業間の競争があるのだろう。戦争のとき、あるいは企業間の凌ぎ合いのとき、科学技術による兵器や製品が決定打となれば、「おお、進歩バンザイ!」となっておかしくはない。

 まあ、しかし、それは長い人類の歴史の中でも割と最近の感じ方であるには違いない。

生き馬の目を抜く

 慣用句にはよく考えると凄まじい表現があって、「生き馬の目を抜く」という言葉もそうだ。人を出し抜いて利益を得るというような意味で、「生き馬の目を抜く世の中」「生き馬の目を抜くような業界」などというふうに使う。

 文字どおりにとらえると、何とも恐ろしい。何しろ、生き馬の目、を抜くのだ。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/44/Flehmendes_Pferd_32_c.jpg

Waugsberg [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]

 

 確かに相当な早技には違いなく、まったくもって油断も隙もない。残酷非情な行為でもある。

 しかし・・・抜いた生き馬の目をいったい何に使おうというのだろうか???

正しい日本語?

 聞きなれない言葉遣いや、違和感を覚える言葉遣いに対して、「正しい日本語を使ってほしい」などと言い出す人が結構いる。

 たとえば、近頃、レストランなどで若いバイトの人が料理を運んできて、「こちら、ハンバーグになります」と口にすることが増えた。その皿に乗った物体が今からハンバーグになるのか? まだ現時点ではハンバーグではないのか?? それともお前がハンバーグに変身するのか??? などというのはもちろん言いがかりですね、ハイ。

 それぞれの言葉遣いには内的な論理が存在するはずで、「〜になります」という言い回しが広まっているということは、そういう言い回しをしたくなる相応の理由があるのだろう。もちろん、その言葉遣いに対する好き嫌いは別問題だ。

 おれは「正しい日本語」という考え方を疑惑のマナザシで見ている。極論すれば、正しい日本語なんてものはないんじゃないかと思っている。あるとすれば、「正しい標準語(共通語)」「正しいNHK的言葉遣い」であって、それはもちろん、正しい日本語というのとはちょっと違う。

 言葉というのは人と人の間を行き来する間に揺れ動く。揺れ動きながら変化していく。そうでなければ、わしらはいまだに「ありをりはべりいまそかり」などと言っておらねばならず、おそらく昔も、ありをりはべりいまそかり派の人たちは新しい変格活用が出てきた頃、怒り狂うか、ああはれと嘆くか何かしたはずでおじゃる。

 

https://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/img_nw9/201901101_07.jpg

※ 写真は本文とは関係ありません。

 

 ついでに言えば、「正しい標準語(共通語)」「正しいNHK的言葉遣い」というのはとても規範的で、情緒的表現や感情のニュアンスを表すにはあまり向いていない。おそらく方言やいわゆる若者言葉がニュアンスを豊かに表現できるのは「正しい標準語(共通語)」「正しいNHK的言葉遣い」から離れて、自由さを持つからだと思う。

 繰り返しになるが、好き嫌いは別よ。好きな日本語表現、嫌いな日本語表現なら、人によっていろいろあるはずだ。ただ、目新しい嫌いな言葉遣いに対して、「正しい日本語」なるものを振りかざすのは、すり替えじゃあないかと思うのだ。

チッチキチー俳句

 こだま・ひびきという大阪のベテラン漫才師がいる。泥臭いというか、コテコテというか、お好み焼きにベッタリ塗ったソース(マヨネーズ入り)のような濃ゆさが特徴だ。むりくりにでも笑いにもっていく芸風で、東京のもりそば的な芸が好きな人はちょっと苦手かもしれないが、おれは好きだ。

 こだま・ひびきのギャグに「チッキチー」というのがあって、このフレーズをいいながら、こだまが親指を立てて突き出す。その親指には「チ」と書いてある。文章じゃわからないですよね。こういうのです。

 

youtu.be

 チッチキチーの意味はといえば、「意味はないけど、楽しい言葉や」だそうだ。素晴らしい。

 それでふっと思いついたのだが、俳句。あれの終わりをチッチキチーにすると、すべてが楽しくなる。たとえばだ。

古池や 蛙飛び込む チッチキチー

 意味はないけど、楽しい俳句だ。

 同じ芭蕉の最後の句。

旅に病んで 夢は枯れ野を チッチキチー

 無化というのかな、こういう全てをナシにしてしまう手法、おれは大好きだ。

 やはり芭蕉の句。

五月雨を あつめて早し チッチキチー

 五月雨つながり、蕪村で行ってみよう。

五月雨や 大河を前に チッチキチー

 小林一茶

雀の子 そこのけそこのけ チッチキチー

やせ蛙 まけるな一茶 チッチキチー

目出度(めでた)さも ちう位なり チッチキチー

 なんか最後のはかえってさみしくなってしまった。

 簡単につくれるので、みなさんもチッチキチー俳句、やってみてください。

 

カサブタはがし

 おれはカサブタをはがすのが好きで、そのために生きていると言ってもいいくらいである。嘘である。

 カサブタをはがすといっても、昔、好きだったのに別れた人のことを思い出して、「ああ、あのとき、ああしていれば」などと後悔する、いわゆる心のカサブタはがしではない。肉体のほうのカサブタはがしである。

 カサブタが固まってきたり、ガチンと張り付いている頃ははがしても楽しくない。痛いだけである。旬は、傷も癒えてきて、カサブタの端のほうから四分の一くらいがめくれてきた頃。爪にひっかけてメリメリメリッとはがす、わずかに痛いような痛くないような、ソフトな手触り。ちょっと血がにじむくらい。ああ、背徳の悦び。

 カサブタはがしの快感を商品化できないかと考えてみた。皮膚くらいの弾力のシリコンかゴムに、接着剤のやわらかい皮膜のようなものがあって端がめくれている。これを爪にかけてメリメリメリッ。・・・どうもあまり売れなさそうである。考えてみれば、これを家でひとりで楽しんでいるやつというのは相当に暗い。変人といってもよい。

 まあ、カサブタはがしの快感というのは、爪のほうの感覚もだが、めくられるほうの皮膚のほうの感覚も合わさって、爪と皮膚の共同作業として高まるものである。爪のほうの快感だけでは足らないのだ。

 それにしても、カサブタはがしの快感はどうして人類に残ったのだろうか。進化論で考えてみれば、カサブタをはがすとそこから雑菌が入り込み、感染症で死ぬやつが多そうである。そういう、カサブタをはがすDNAは淘汰され、カサブタをはがさないやつがもっぱら残りそうだが。

 それとも、カサブタはがしの快感は比較的最近、人類が細菌を排除した衛生環境に暮らすようになってから生まれたのだろうか(おそらく、せいぜい百年から百五十年ほどである)。あるいは、昔からカサブタはがしの快感はあったのだが、感染症の恐怖(おそらく、悪魔がカサブタはがしの傷口から入り込む、というかたちで考えられてきただろう)から、カサブタはがしを人類はずっと我慢してきたのだろうか。それが、衛生的環境になってきて、おおぴらにカサブタはがしをできるようになったのか。温暖化する世界にあって、カサブタはがしに未来はあるのか。SDGsカサブタの関係は!?

 うーむ。進化論は非常に便利な道具だが、シロウトが振り回すと、ロクなことにならないという例をまたさらしてしまった。

家来から子どもへ

 先週、この頃は「核家族や単独世帯が増えて、家族(主に子ども)の便利な代わりとしてペットを選ぶことが増えたんだろう」と書いた。

 まあ、実際にはペットといってもいろいろであって、蛇やトカゲを飼っている人は子どもの代わりとあまり感じてないかもしれない。蛇やトカゲは人間に似た反応が少ないからだ。実際、爬虫類は人間に媚びないから好きだ、という人もいる。

 一方、ペットの代表である犬や猫は子どものように扱われることが多い。親が子どもを着飾るように犬や猫を着飾る人をよく見るし、何より言葉遣いが「もうちゅぐご飯でしゅからねー」だ。大人が赤ちゃんに対して赤ちゃん言葉を使うのは、赤ちゃんに近い目線におりて心理的に近づきたいからだろう。ならば、犬に対しては「バウバウバウ」と犬言葉を使うのが筋ではないか。

 昔はおそらく人間と飼い犬の関係は主人と家来に近かったろう。桃太郎と犬の関係である(桃太郎の家来の犬には名前すらない)。親子に近いような感じ方もあったろうが、おそらく主ではなかったはずだ。少なくともおれは犬を赤ちゃん扱いする昔の話を読んだことがない。

 今も飼い犬に対して身分、立場の差をつけていることは多いだろうが、一方でここ二、三十年来だろうか、赤ちゃん、子どもの代わりとして「でしゅねー」的に可愛がるのをよく見かけるようになった。古今亭志ん生の言う「糸っくずのかたまりみたいな犬」が増えてからかもしれない。

 別に調査したわけではないが、最初に書いたように、犬や猫の赤ちゃん扱いは単身や単独夫婦に多いように感じる。なぜなら、犬や猫は便利な赤ちゃんだからである。